FC2ブログ

今日の午前中 夫は 市内に住む子供たちに 昔からある遊びや糸くりなどを教えながら
一緒に遊ぶ という行事に誘われて参加した。

お昼ご飯は 行事でお餅つきが行われ それをお腹いっぱい頂いたから要らない と言って
着替えると そそくさと 畑へ出かけて行った。

畑仕事には休みがない。
一年中 なにかしら仕事がある。
だから 今日も 午後は畑へ行く と決めていたらしい。

畑へ出かけると 夫は なかなか帰って来ない。
ところが 今日の夫は 意外に早く帰って来た。

あら?早かったのねえ・・・と言いながら 家へ入って来た夫を迎えると
夫は ちょっと怪我をした・・・と 力なく言う。
え!どうしたの!?と 夫の顔を見れば こめかみに近い額の脇が・・・。

畑のフキノトウが出始めていたから 採って帰って フキノトウ味噌にしたくて
下ばかり見て採っていたら そこに張り出していた梅の枝があるのに気が付かず
その枝で 少し長く深く傷してしまった と 洗面所で傷をきれいにしながら言う。

早速 傷を消毒して薬をつけ テープで止めた。
湯上りに もう一度 薬を付けた脱脂綿を換え 夫は就寝。

薬をつける といっても 夫の薬は 必ずマムシ焼酎 と決まっている。
これ以外の外用薬は 絶対に使わない。
怪我も打ち身も すべて マムシ焼酎で治してしまう。
よく効くことは解っていても 私や子供たちは その匂いが嫌で使わない。
不思議なのだが これが 夫には抜群に効く。匂いも気にならないらしい。
多分 明日の朝 傷口は きれいにふさがっているだろう。

たいしたことにならなかったのが なによりだったが
これでまた何日かは 家の中には独特の匂いが漂って
私は その中で暮らすことになる。
スポンサーサイト



やっぱり効き目はスゴイ そして送る

高山 三日目

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)