FC2ブログ

今朝早く 宅配便で なにやら届けられた。
差出人の確認をすると 先日 高山でお見舞いに立ち寄った知人宅からだった。

なんだろう と 箱を開けてみると 中には 様々な種類の 高山の駄菓子の袋が
封書の手紙と一緒に 入っていた。

教師だったご夫妻は 新婚当初の何年かを 実家の二階で過ごされ
ご長男もその頃生まれて 両方のお母さんが交代で 赤ちゃんのお守りに
通っていらっしゃったことを覚えている。

当時の私は ちょうど小学校から中学校へと通っていた。
昔のことだから 変に勘ぐった考えの人もいなかったのか
ご主人のほうは 我が家の二階で暮らしながらも 隣の組の担任だったり
理科の担任だったりしたが 家では二階の住人 学校では先生 という関係が
何の差しさわりもなく 数年続いた。

その間 奥さんのほうも教師を続けていらっしゃったが 母とも気が合ったのだろう。
親戚関係で とかく嫌な思いをしてきた母だったが その数年は
同じ台所で炊事しながら 楽し気に 奥さん先生と 笑いあったり話たりしていた。

その後 高山に家を建てて転居されたが 以来 親戚付き合いのような 親密なお付き合いが
父母が亡くなるまで続いていた。

その後 十余年寝込んでいた母が亡くなり 私は 認知になった父を引き取っていたから
お付き合いも 年賀状や暑中見舞いのやり取りだけになってしまっていた。
ちようど母が倒れて間がない頃にご主人も倒れられて それ以来ずっと 入退院の繰り返しを
奥さんが 手厚い看護や介護を続け ご主人を支えて生活していらっしゃった。

そんなお二人のことが気にはなっていたものの つい近年まで 直接お見舞いに伺うこともなく
失礼していたが 自分の体調も悪いなりに諦めがついて 心も落ち着いてきたこともあり
急に お二人の様子が気になりだした。

私自身も 体調と相談しながらだから なかなか思うようには尋ねて行けないが
とりわけ 老齢の奥さんの体が心配だから これからも お二人の様子を見に
できるだけ出かけよう と思っている。

いつの時も 奥さんの手紙は 流麗で整った文字で認められている。
先日は 先客があったために 細かなことが話せなかったから
今夜 お礼の言葉とともに 近況や心情などを ゆっくり書いて
明日 ポストに投函するとしよう。





スポンサーサイト



今日は長男の誕生日

やっぱり効き目はスゴイ そして送る

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)