FC2ブログ

昨日も 叔母の食べるものを作って 五時頃 病院へ出かけて行った。
叔父は 相変わらずの様子で ベッドに横たわっていた。
呼吸も荒く 喉もゼイゼイ言わせている おまけに 今日は発熱まで。

夫に病室にいてもらい 叔母に早めの夕飯を食べさせるために 食堂へ。
病院の夕食時間にはまだ間があるらしく 誰もいなくて ゆっくりできそうだった。

作ってきたおかず数種類と 炊き立ての炊き込みご飯の容器を開けると
炊き込みご飯が大好きな叔母は おなかも空いていたのだろう すぐに食べ始めた。
いい味 おいしい と言って食べてくれるから 作ってきたかいがある。

叔父夫婦には 子供がいない。
でも 叔父には一人 息子がある。
しかし 小さい頃から一緒に暮らしてこなかったこともあって 離れて生活しているから
家族ということでの 細々とした世話は お嫁さんもしない。
だから結局 一番近くにいる私と夫が 昔から世話になってきたし 頻繁に顔も出してきたから
こんな場合 できるだけのことをしている。

とても苦しそうにしていても 叔父の意識はしっかりしているから それが救いだ。
今日も ゼイゼイいいながら 兄貴は幾つで逝った? と私に聞いた。
こんな時に と思いながらも 九十だったよ 叔父さんも頑張らなくちゃね と返した。
兄弟では一番下の叔父には まだ数年ある。

九十四才で認知症の叔母の他には 父の兄弟は この叔父だけ。
たとえ この先が数年であろうとも それまでは 叔父には元気で生きていてほしい。
本当に 頑張ってよくなってもらわねば・・・。
スポンサーサイト



おかずを作って日参

食事会

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)