FC2ブログ

午前中 家で 叔母のための総菜やご飯を作っていると 叔母から夫に電話があった。
看護師さんに 今日は帰られても大丈夫ですよ と言われたし フラフラするような気がするから
家へ帰って来た 今夜は 家で休む という内容の電話だった。

それじゃあ 病院へ寄った後 家のほうへ ご飯とおかずを持って行く と返事した。

どうやら 叔母が付き添っていなくてもいいようになったらしい。
あるいは 叔父の容体も多少よくなってきたが その分 叔母の疲れが観てとれるから
看護師が ゆっくり休んだほうがいい と思って アドバイスしたか・・・そのどちらかだろう。

病室へ行ってみると 叔父は 昨日より 目に力があるようだ。
二日ほどステロイド剤を注射するようになってから ずいぶんよくなってきた。

それでも まだ声は出ないし絶食も続いているし ベッドの上からの移動はできない。
しかし これ以上の終日の付き添いは 叔母には無理だろう。
このへんが潮時だろう と想う。

叔父も 病室に一人で居ることに馴れたほうがいい。
叔母がいるとすぐ頼るし ちょっとしたことでも させようとする。

それに 完全看護がたてまえの病院だから 医師が告げたわけではないが
危機を脱すれば 付き添いも邪魔になるだけだろう。

明日から東京へ行く私にとって 少し叔父の容体がよくなったことは嬉しい。
安心して行って来られる。

帰って来た時には 今日よりもっとよくなっていてほしい。
そう願いながら 明日の午前中には 新幹線に乗る。

スポンサーサイト



久しぶりに東京へ

雨戸の次は

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)