FC2ブログ

昨日 ちょうどお昼時に品川に着くと 娘が 上の孫と一緒に 改札口まで迎えに来ていた。
孫は 遠くに私の姿を見つけると 大きな声で ばァばァ~ と呼んで手を振った。

幼子の成長は 実に早い。
前回会った時よりも また背が伸びていた。顔つきも少し変わってきている。
幼女から少女へと 急速に成長していくのがわかる。
嬉しいような もっとゆっくり大きくなっていってくれたほうがいいような・・・。

娘も元気そうだ。
子供も二人になり 年相応の落ち着いた様子がうかがえる。

迎えに乗って来た車で 高速を使い 自宅マンションへ。
着いてしばらくすると 下の孫が お昼寝から目覚めた。
私と顔を合わせると 不思議なものを見るように 泣きもせず笑いもせず じっと見つめて
目を離さない。
ちょうど人見知りする月齢だから 泣かれないだけましだろう。

見慣れない人だけど 家族の雰囲気からすると 警戒しなくてもいいらしい・・・
彼女が本能で そう納得するまでに あまり時間はかからなかった。
あ~あ~う~う~と よくおしゃべりする子だ。
大きなまるい目をして 私と目があうと 手足をバタバタさせ ニッと笑うようになった。
そうすると 小っちゃくて真っ白な歯が二本 可愛い口元からのぞく。
離乳食もモリモリ食べて 元気いっぱいの赤ちゃんだ。

昨日は 仏教国の日本人には馴染みがないが キリスト教やユダヤ教では大切な
イースターだった。

娘の家についてしばらくして 孫が 私に どうぞ と差し出した卵の形のチョコレートで
それと知った。
婿は 敬虔なクリスチャンではないが この家では 日本とイギリスが混じり合っているから
お雛様も飾るし こうしてイースターも祝う。

いつも日曜には 何かしらのお肉を 婿が自らローストする。
イースターは 必ずラム肉を食べるのが習わしだから と 夕食はラム肉とボイルした野菜。
それに 特別な日だからと とっておきのワインを開けた。
飲めない私も 少しだけお相伴。
こうして 娘の結婚以来 婿がストックしている美味しいワインを飲むようになって
日本酒だけでなく ワインの良しあしも ちょっとだけわかるようになった。

一昨年から去年にかけて生活を共にしたこともあって お客様ではない雰囲気がいい。
娘夫婦も 二人目の子が生まれてから 子育てに余裕が見受けられる。
それが 二人の心にゆとりをもたらしているのを感じる。

さて 今日は午後から 上の孫は娘夫婦と一緒に病院へ行く。
下の孫は 病室へは入れないから 授乳を済ませて 家で私と留守番だ。

病院では 個室の空きがなくて 入院するのは四人部屋らしい。
そして 夜間は 付き添いはなし だ。
さてさて どんな展開になることやら・・・
面会時間が過ぎて 二親が帰る時 孫は泣くだろうなァ・・・。

スポンサーサイト



お守りもなかなか大変

少しよくなって・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)