FC2ブログ

日赤病院を退院してすぐには めまいの不安が消えなくて 一人暮らしは無理
ということで 叔母は 高額だが いつでも医師や看護師がかけつける
ケア付きホテルのような有料老人ホームへ 一時的に入った。

そして今日でちょうど10日。
ずいぶん元気が出てきた叔母は そろそろ不満がでてきた。
要は 食事内容や職員の対応が 金額に見合っていない というのだ。

叔母の話を聞くと 確かに食事の内容が悪い。
栄養をつけて元気を取り戻して 早く家に帰りたい叔母には 物足りない内容だ。

それぞれが専門の資格を持つ職員が お世話や介護にあたっているのだが
絶えず交代する こちらの意思が伝わらない云々 叔母が思うように いかない。
その不満を 今日 大学病院の帰りに寄った私に 一緒に食べたお昼ご飯の間中も
うったえて 止まらなかった。

そんなに嫌になったのなら むしろホテルや旅館に宿泊したほうが ずっと安いから
そっちへ移ったら?そうすれば 三度の食事も もっと美味しいものがいただけるし
そこで四、五日過ごして力をつけて家に帰ったらどう?
めまいの心配がなくなったのなら 余計のこと そのほうがいいんじゃない?

そう助言もしてみたが 叔母の頭の中は とにかく待遇に対する不満が充満していて
受け付けないようだった。

もともとお嬢様育ちで わがままが勝っている人だから なかなか我慢や辛抱ができない。
叔父は 年齢も離れていたし そんな性格の叔母が可愛かったのだろう。
最期の最後まで 叔母の不満に 鷹揚に付き合っていた。

今は それを受け止めてくれる相手がいないから 畢竟 私にお鉢が回ってくる寸法だ。
でも 正直言って 不満をぶつけられても 私にはどうしようもない。

結局 しっかり体力がつくまで 極力 施設の外で食事をして 来週の半ばをめどに家へ帰る
ことに。

私たち夫婦としては とにかく 叔母が 一人でもしっかり暮らせるようになって
お世話をしなくてもよくなれば それでいい。
スポンサーサイト



嬉しいけど こわいこわい

パソコンの会社 ひどい!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)