FC2ブログ

昨夜と今夜 以前に映画館で観た映画を放送した。

バチカン市国🇻🇦が 映画の主な場所だ。

バチカンは🇻🇦何年も前に夫と旅した場所でもあったから
夫は 今夜も 放送を楽しみにしていた。

旅に出る前は 事前に行き先の歴史や見るべきポイント等を調べてから出かける。
それでも 実際に現地へ行って見て自分の目で見ると 情報量は断然違う。
そして旅を終えて後 印刷物や映像で かつて旅した先を目にすると
また違ったものが見えたりして 新鮮だ。

バチカン市国🇻🇦もそうだ。
キリスト教の歴史そのもののバチカン市国🇻🇦は 実に見応えがあった。

そして今回 久しぶりにまた観て 面白かった。
映画だから 実写でない場面も多かったが 主だった場所は 観てきた所だ。

映画の中では ローマの街中も写った。
夫とまわった泉も映って 懐かしかった。

いつもなら 途中で居眠ってしまう夫だが 今夜は最後まで観た。

夫は 私ほど旅好きではないが それでも旅に出た先にまた出会える喜びは
私と同じらしい。
スポンサーサイト



友人の哀しみは如何に

官製の印刷物

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)