FC2ブログ

一年振りで同級生と会った。

前回会った時には とても暗い雰囲気をまっとっていた友が 今回 顔を見るなり
あらツ 明るくなった! と感じた。

そう伝えると
前回は言えなかった辛いことが 二年経って心の整理がついたのか
驚くほど自然に 彼女の口から告げられた。

小説やニュースでしか知らない出来事が 自分の家族に起こった時
起こったことの捉え方によって その後の生き方が変わる。

彼女ほど稀な事でなくても 不幸が自分に降りかかった時には
それまでの生き方で 身に起こった事の捉え方が変わり それからの人生が変わる。

友人は突然起こった不幸を嘆かず 哀しみの中から明るく生きる道を見つけていた。
そして 実に賢く豊かな人生を送っていた。

もう一人の友は 残酷な癌宣告を受け たった三ヶ月で逝ってしまう夫を
家で看取り みおくった。
その間 徐々に弱っていく夫を目の当たりにしながらも 涙を見せないでの日々は
どれほどのものだったか・・・。
それでも彼女は 辛さや悲しさを前面に出さないで 穏やかな口調で話してくれた。

壮絶な それでいて濃密な夫との三ヶ月は 哀しく酷い事だが
彼女の中に 温かくて強く 揺るぎないものを残したようだった。

二人の友人たちは 事が起こる前も 夫とともに必死に生きてきた。
境遇を嘆いたり恨んだりしないで 前だけを向いて生きてきた。
結果 理不尽とも思える夫との別れが待っていたわけだが
それでも彼女たちは 酷い現実を のろいただ打ちひしがれて嘆いてばかりはいない。
心の乱れを胸にしまって しっかりと生きているし 生きようとしている。

自分がいかに幸せな境遇に在るかに気づかないで 不平や不満ばかりで暮らしていると
事が起きた時 なかなか乗り越えられない。
自然 その後の生き方もうまくいかないのではないか・・・。
あるいは 生きる道を見つけるまでに 長い月日がかかってしまうのではないか・・・。

今回 友二人の思いがけない話を聞いて 日々の生き方がいかに大切か
改めて 考えさせられた。

そして 自己中心な考え方や生き方とは真逆にある 友人二人のこれからが
どうか 平安でありますように と 願いながら別れた。






スポンサーサイト



娘が送ってきたビデオ

年末の予定

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)