FC2ブログ

昨日 大学病院へ行って その後 皮膚科を受診し帰宅 そしてその後 リハビリへ。
それで 東京行きの疲れがまだあって 今日は 朝から寝ていた。

すると今日 お昼に 温熱療法をしていただく約束をしていた I さんから 電話があった。
私の体調を気遣って できる状態かどうか心配しての電話だった。

半日寝ていたからか 少し元気が出ていたので 来ていただきたい と お願いした。

I さんは いつものように 全ての道具を 大荷物にして 来てくださった。

温熱療法は 一時間半以上にもなっただろうか。
彼女は 丁寧に足の裏から背中側 足先から肩まで と 温めてくれた。

彼女だって 大病しているし 体も丈夫ではない。
それなのに彼女は 私の体調を いつも気にかけていてくれる。
まるで 妹のように。

彼女とは 私が三十代の時からの仲だから もう三十年以上になる。
仕事仲間として出発したが いつの間にか個人的な悩みを打ち明け 相談する仲になった。
次男についての悩みにも 根気よく付き合ってもらった。

私の方が十も年上なのに 最近では 彼女の方が年上みたいに 面倒をかけてばかりだ。
どんなことも 彼女の方が博識だし熱心だし人柄はいいし 偉い人だなあ と つくづく思う。

年内にもう一度治療しましょう と言って 帰って行かれた。

私は嬉しいが 彼女だって疲れているだろうに・・・

本当に ありがたい友人だ。

スポンサーサイト



義父の法要

検査結果

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)