FC2ブログ

昨日 次男が帰省 今日は 夫と私と次男とで 東京へ。
いつからか 娘の家族と私たちが 一年交代で 東京と私たちが住む所で
年越しとお正月を迎えることになっている。
それで 今年は 私たちが東京へ来る年回りに。

年末とあって 新幹線は空席がないくらいで 荷物棚には たくさんのトランクが
すきまなく載っていた。

私たちは 品川駅で降りたが 東京まで行く人のために
車内では 何度も 東京駅は大変混雑しているから・・・云々 と 注意を促す
アナウンスが流れていた。

迎えに来てくれた娘の車で 都内を走ると 一般道も高速も 以外に
走っている車が少なかった。

故郷でお正月を迎えるために 帰省した人が多いのだろう。
また 仕事納めの後で 走っている仕事の車がなかったせいもあるのかもしれない。

マンションに着くと 二人の孫が 玄関のドアを開けて待っていた。
普段は忙しい婿も さすがにリラックスした様子で 出迎えてくれた。

なかなか会えない次男に 孫たちがまとわりついて離れない。
男の人が苦手で 馴れないと泣いてしまう下の孫も 不思議に泣かないでいる。

次男は 笑いながら やっぱり血じゃないの? 他人とは違う何かを感じるんじゃない?
と言いながら とうとう お風呂から寝かしつけまで 付き合っていた。

明日の日中は スケートへ行く者と 下の孫のお守りで残る者とに別れて過ごすことになった。
おそらく 私は残る組になるだろう。

泣かれなければいいが・・・。
スポンサーサイト



あらたまの年を迎えて

一年にたった一日の夜

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)