FC2ブログ

 東京最後の昨日 孫がようやくお昼寝に入ったから
娘と二人で オソオソのお昼ご飯を食べようと 病院にほど近い商店街へ
小道を抜けながら 歩いて行った。

 商店街には さすがに 雑誌などにも取り上げられるだけあって
こじゃれたお店がたくさん並んでいた。

 何を食べようか どこに入ろうかと あちこち入口に出してあるメニューを見ながら歩く。
あるレストランの店先に 昔イタリアで食べた ミラノ風カツレツの写真があった。
懐かしさもあって 私が ここがいいわ と言い そのお店に入った。

 娘と私は それぞれ二三品ずつ選んでオーダーした。

 ほどなく 銘々に最初の料理が運ばれてきた。味はまあまあだ。

 二品目が運ばれてきて それぞれが 互いの料理に手をつけた。

 その時!娘が 「あッ!!」と言って 今 口にした料理をお皿の上に吐き出した。
私は 何があったのかわからず 変な匂いでもしたのかと 思った。

 娘は 「すいませ~ん」「ちょっとオ~」と大きな声でお店の人を呼んだ。

 ナント!! 娘に運ばれてきたお皿に 透明のガラス片が
幾粒も ポツリポツリと 散らばっているではないか!

 慌てて何事かとテーブルへ来た店員に その旨を見せながら伝えると
さすがに 店員は 事の重大さを察したのか 緊張して謝りながらお皿を退いていった。

 直後 お店のシェフやマネージャーが 店員と共にテーブルへ来て
何度も平謝りに誤ってくれたが こちらの気持ちは驚いて興ざめだ。

 もう食べる気も失せて 出ようかと思ったが 他のお店へ入りなおすには時間がない。
仕方なく 憮然とした面持ちで食事を終えた。味もなにもあったものではない。

 それでもなんとか食べ終えて 会計をしようとしたら
今度は お店のオーナーが 先ほどのシェフたちと一緒にテーブルまで来た。
 再び腰を折り曲げての お詫びが始まった。

 どうしてもこちらの気持ちを懐柔したいらしい。
 今日の代金はいいから 再度チャンスをいただきたい と言う。

 お店にとっては 口コミも重要だから何としても悪い印象は避けたい。

 仕方なく 娘は いいですよ 再びこのような事がないように と言って店を出た。

 それにしても 今までも 婿や娘が いろいろなレストランへ連れて行ってくれたが
こんな経験は したことがない。
 勿論 私が住んでいる近辺でも こんなことは一度もなかった。

 何故 お皿の上にあのような ガラスの破片がポツポツと載っていたのだろう。
あり得ないことが 実際に起こった。

 お店も このような事が 衛生局などに通報されると 営業停止か
キツイお叱りを受けるから なんとしても お客の懐柔作戦に出たらしい。

 孫の入院以来 初めて二人でお昼を食べたのに 残念なランチになってしまった。

 病院まで帰る道は 二人とも口数も少なくなっていた。

 ホントに!!何てこと!! 

 あの娘が腹立たしさを抑えて よく我慢したと思う。

スポンサーサイト



退院後の孫 留守中の夫

夜帰宅

comment iconコメント ( 2 )

そんなことって あるんやね

事件やぁ~~

飲み込んでたら そんなこですまないのにぃ~~~

怖い話に愕然としました

名前: ine [Edit] 2014-05-28 17:17

ホントだよオ~~
正直 震えたわァ 怖かったァ~
すぐに 出ればよかったわ

名前: きょん [Edit] 2014-05-28 21:38

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)