FC2ブログ

国が 人間が それも個人が どんな状態であろうと 自然は関係なし。

季節を巡らせ 花を咲かせ 芽を吹く。

基本私の外出は 二週間ごとの大学病院受診と 月に一回 友人とお茶を飲みながらの
近況報告 それに週一回の書道教室通いしかない。
だから 一月にたった七回の外出だ。
そのほかは 全くと言っていいくらい 家の中にいる。
あとは リハビリに行くだけ。

車に乗る人は ちょっとスーパーへ行ったり ちょっと用事に出かけたり喫茶店へ行ったり
簡単にできるから それが外出 と言えるかどうかさえ わからないだろう。

でも 足腰の悪い者には 簡単にできること に 大変な制限がある。
ちょっと出る が できないのだ。

だから たまの外出は 心身のリフレッシュに とても貴重な機会だ。

毎月一回 一人の友人との会は 第三金曜日 と決めている。
彼女は忙しい人で 仕事を辞めた後も 有能だから あちこちの会を主催したり
所属していたりするから 会っている間の大方は 彼女の話を聞くことになる。
自分が動けなくて話の種がないから 彼女の話を聞けるのは 刺激になる。

今月の第三金曜日は 私が絶不調で会えなかった。
それで 今日 夫が出勤するのに合わせて かかりつけ医を受診 点滴し薬をもらって
ちょうど家にいた彼女が 迎えに来てくれ 会った。

咳き込みながら 彼女の話を聞いた。
聞くだけでも楽しくて 気持ちが軽くなってくる。

帰りは 足ならしのために 別れてから歩いた。

風が強い風冷えの日ではあったが 陽射しは 確実にぬるくなっている。

クローバーの茂みは まだまだ枯れているが
オオイヌノフグリは あちこちで 青い可愛い花をつけている。

人がどうであれ 国がどうであれ 自然は偉い。

高速道路工事の大きな現場のすぐそばにも ジョウビタキがやって来て
胸のきれいな色を見せる。

庭先の木蓮の芽も ガラス戸越しに 目に見えて大きくなっている。

山茶花の花も もう終わりが近い。

残念なのは 福寿草だ。
夫が自ら鉢上げして 毎年咲かせていたのに
その鉢を 花も茎も無くなった時点で
いつも 私の花をそうするように うっかり捨ててしまったらしい。

だから今年は どこを探しても 影も形もないのだ。

敷地の中のどこかに ヒッソリ生きていればいいのだが・・・。
自然は偉いから・・・。







スポンサーサイト



性格って変わるものかしら・・・?

ちょっとだけ 良くなったような・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)