FC2ブログ

 私が育った家の前には 現在では きれいなコンクリートの側溝になって 蓋もされ
整備された側溝がある。

 私が子供の頃は きれいな水が流れる疎水だったから
朝は この疎水で顔を洗ったり 使った後の茶碗などの粗洗いなどもしていた。
流れには 沢蟹もいたし小魚も泳いでいた。

 この流れは 冬になっても凍らないで 雪をかぶりながら流れていた。

 私が小学二年か三年の冬のこと。
 多分 ほんこ様が近づいていて 両親は本家へ手伝いに出かけていたと思う。
 本家とは 二百メートルも離れていなかった。

 私と弟は 近所の子供たちと雪の積もった中 流れに沿った通りで遊んでいた。
 当時はまだ車の通りも珍しかったから 家の前の道は かっこうの遊び場だったのだ。
 よく雪が降った後だったから 子供たちは外で遊んだ。

 みんなそれぞれ 竹で作った短いスキーのようなものを履いたり そりなどで
通りをあっちへ行ったりこっちへ行ったりして 遊んでいた。

 私と弟は箱ぞりで遊んでいた。
そのうち私と弟は 交代でお互いを乗せてそりを引っ張った。
箱ぞりに付けられていた紐は かなり長いわら縄だった。

 私が引っ張る番になって 弟がそりに乗った。
長いわら紐を 私は 勢いよく引っ張って走った。
あまりにも勢いよく走って引っ張ったものだから そりは雪道をすごいスピードで滑って
私が停まった場所よりもはるか向こうへ滑って行き おまけに紐が長いから                             行先を失い 紐がたわんで そりは 冷たい疎水の中へ。
ドボ~ン!と音をたてて 弟はそりに乗ったまま流れの中へ落ちてしまった。

 真冬のことだから 水は凍るように冷たい。
 私は 予期しないことに なにが起きたのかわからず 紐を握ったまま立っていた。

 だれかが知らせてくれたのか 本家から母が慌てて雪の中を走ってきた。
そして ようやく川の中で立ち上がった弟を引き上げて 家へ入った。
多分 弟は着替えさせられたのだと思うが 私は覚えていない。
叱られた覚えもないから 母も状況から 察したのだと思う。

 大人になって 家族の中で 時々この時のことが 話題になった。
 弟は当時五歳くらいだったが この時の出来事はよく覚えていた。
しかし 弟や母も笑って話ていたから 私をうらんではいなかった。

 が私は 弟に申しわけないことをした という思いが 今もある。

スポンサーサイト



孫の誕生会

記憶の中の私を綴る その➄

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)