FC2ブログ

咳が治ってからも 美容院で 長時間座っている自信がなくて
「行きたい 行かなきゃ」とは思っていても 今まで 美容院へ行けなかった。

その間にも ますます 染めは取れてくるは パーマっ気はなくなるは
髪は伸びるは で 自分でも あまりにの見苦しさに 薄いキャップを買って
病院へ行く際などには いつも 間に合わせにそれを被って出かけていた。
実際 うなじの伸びた髪などは 束にして結べるほどになっていた。

でも いつまでも そうしてごまかしているわけにもいかず
今日 とうとう 予約の電話を入れた。

そして 午後三時前に 夫に送ってもらって 美容院へ。

通っている美容院の美容師との付き合いは もう 三十年以上になる。
以前は もっと我が家に近い場所で営業していたが
同業者と結婚して 隣市の中心部へ移っていった。

どこの美容院へ通うかは お客の自由だから
その時点で 美容院を変える選択肢もあったが
出身地が近くの町だったこともあって 気心が通じていたし
腕も良かったから 家からは遠くなっても ずっと通い続けている。

久しぶりに行くと 顔を見せなかった期間の長さも さることながら
髪の状態に 美容院で働いている人たちみんなが びっくりしていた。

いつも私がご無沙汰する期間は 体調を崩してのことが多いから
多分今回も・・・と話していたらしい。

髪があまりにも長くなっていたから このままの長さでも悪くないけど・・
と 美容師は言ってくれたが 私は バッサリと短くしたかったので
もったいないくらい短くしてパーマをかけ 染めてもらった。

仕上がった髪の後ろの状態を 鏡で見せてもらうと
あの伸びきって見苦しかった後頭が 自分でも ホウ〜と思うくらい
短くなっていた。
全体が短くまとまって うなじがスースーするような気がするほどだ。

これで 外へ安心して出かけられる。
出かける といっても 私の場合 病院とスーパーくらいのものだが
それでもやっぱり 髪が整うと 気持ちも軽くなる。

ようやく 私にも 春が来た気がする。



スポンサーサイト



浮かれた時代から ようやく抜けたか

役者が 亡くなる ということ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)