FC2ブログ

娘が 二人の子供を連れて 東京へ戻って行った。

上の孫は 「もっとジイジとバアバのお家にいたいなア」と言いながら 帰って行った。
可愛いことを言ってくれる。

朝 夫が 最寄りの駅まで 送って行った。

サヨナラのハグをした後 乗り込んだ夫の車が去って行くのを見送って 家へ入ると
玄関にあった小さな靴がない。

来た日が雨だったから 三人は長靴を履いて来た。
だから玄関には 三人の靴がたくさん並んでいた。
それが 全部なくなって タタキが急に広くなった。

広くなったのは タタキだけではない。

娘は 慌ただしいなかで リビングや和室に広がっていたおもちゃを片付けていったが
それでも 二つ三つ と 片隅に転がっている。

それがかえって 何か大切なものをなくした時のような 心もとないような
頼りなげな思いを起こす。

夕方 今朝洗ったシーツや干し上がった孫たちの服を 取り込んで畳んでいると
甲高い声で 笑ったり泣いたりしていた様子が思い出されて
自然に 口元が緩む。

いつかは 日本を離れていく娘と孫たちだ。
愛らしい盛りの孫たちの姿を 今こうして見られるだけ よしとしなければ。




スポンサーサイト



静かなこと・・・

明日はお帰り

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)