FC2ブログ

今の時期 我が家の庭は 一年中で一番賑やかだ。

まず 水仙が咲き始めると いく種類もの植物が 小さな庭のあちこちで花を開く。
小さなトランペットリリーやスノードロップ 夫に繁殖力の旺盛さ故に嫌われるのに
そんなことは我関せずと ヒマラヤユキノシタも あちこちで咲いている。

木立ち性のものは 雪柳や夫が好きな木蓮が終わったと思うや コゴメサクラや白山吹に
牡丹までもが咲き 真っ白な卯の花がたくさんのつぼみをつけ 咲く順番を待っている。
芍薬も 負けじとばかりに小さな蕾をつけているのが見える。

そんな例年の庭が 今年はいっそう賑やかだ。
去年の晩秋 夫が 輸入業を生業にしている父兄から 余ったものだがよかったら と
たくさんのチュウリップの球根を頂いてきた。
そして 私が プランターに植えたらいい と心積りしているうちに
サッサと地植えにしてしまった。
そうするには そこに植わっていて 春になったら芽を出す花もあったのだが
夫にとって 地面の上になにがしかのモノが見られないものは ないに等しいから
当然 踏みつけられむしりとられての結果だ。

そうやって植えられたたくさんのチュウリップが 一度に芽を出し花が開いたから大変。
それまでは 私が好きな地味めの花ばかりだった庭が いっぺんに色とりどりで
花の形も様々なチュウリップが 私たちが主役 とばかりに 黄花ホウチャクソウと
競うように 長い茎を風に揺らしながら咲きはじめた。

残っていた球根のいくつかは 私が二、三のプランターに寄せ植えしたから
その花鉢にもチュウリップが咲き ムスカリやプリムラ バーベナやネメシア ラベンダーなどと
一緒に 色鮮やかに咲いている。

畑仕事も花の世話も 一人前にできなくなって久しい。
だから 庭の植物も 次第に様変わりしてきた。そして今年だ。

出て来るはずだった植物を想うと残念だが それも仕方がない と 最近では諦めている。
どんなものも 花であることに変わりはなく ましてや色鮮やかであるなら それでいい。

私が そんな枝をはって伸びる木蓮など 庭の真ん中にあると 周囲の植物に
日が当たらないから絶えてしまう と 強く言うものだから 夫は 今年の花後の剪定を
思い切り強めにした。それでも 来春までには また伸びていることだろう。

もうすぐ卯の花だけでなくコテマリが咲き 芍薬も開く。
オダマキやモッコウバラ そのそばには つるを伸ばしたクレマチスも たくさんの蕾が
花開く順番を 今か今かと待っている。

ささやかだが 大切な我が家の庭だ。





スポンサーサイト



人間の心の底と理不尽さ・・・哀しい・・・

「お宝」の価値

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)