FC2ブログ

十一時に叔母宅に着いて叔母を乗せ 以前一緒に行って美味しかった鰻の専門店へと
向かった。

叔母は 多分 叔父が存命中から通っていたお店の鰻のほうが 好みなのだろうが
私が 今日行ったお店の鰻のほうが 焼き加減やタレの味が好きだ と知って
じゃあ そちらのお店へ行こう と言ってくれていた。

十二時前にお店に着いたというのに 店内は テーブル席が一つ空いているだけ。
叔母も私も 畳席がダメだから ラッキーだった。

胃のない叔母は 自分には並みを 私たち夫婦には 特上の鰻丼を頼んでくれた。
そして 肝焼きも一皿。
前回 鰻をご馳走になった時にも やっぱり 肝焼き を頼んでいた。

叔母は 世間で言う いわゆる「ゲテモノ」の類が好物だ。
だから 魚なら カマや頭そして皮 鳥なら軟骨や皮 蜂の子 など
ちょっと変わった嗜好の持ち主だ。

でも 食べる事が大好きな叔母だが 五年前に胃を全摘しているから
一度に食べられる量が決まっている。
だから 毎回 お店でパックをもらい 丼と肝焼きの残りを持ち帰っている。

このお店は ネットで調べても 必ず上位に名前が挙がっている専門店だから
品書きも すべて鰻だ。

そうでなくても値段の高い鰻を こんなにたくさんの人が食べに来ていることに
いつも驚く。

恋人同士 夫婦 幼い子連れ 成人した子供と両親 など 客層は様々。

やがて運ばれてきた鰻丼に載っている鰻の大きいこと 大きいこと!
丼の縁の周囲からはみ出している。
肝吸い 香の物 デザートと一緒に 食べ終えるのが苦しいほどだ。

外側はパリッと中はふっくら このお店の鰻は 宮崎産らしい。
でも 一年の時期によっては 和歌山県からも仕入れる と 前回
ご主人が話してみえた。

大大満足 満腹になって お店を出た。

叔母が デパートで催されている特設会場を見たい と言うので
その後 デパートへ。

叔母と私をデパートの表で降ろして 夫は いったん帰宅。

エレベーターで会場へ上がると たくさんのお客様で どこにどんなお店があるのか
客の背中で見分けられない。

会場内をゆっくり見ながら 叔母のお目当のお店でお目当ての品を購入。

お店を探して歩くのと人の多さに 叔母が疲れてしまい
お茶しましょう ということになって 数階下の茶屋で 喉を潤し一休みした。

ゆっくり休んでから 夫に電話し 迎えを頼んだ。

叔母も私も 久しぶりのデパートと人混みで 正直私も少々疲れた。
午前中からほぼ一日中出かけたのは この前はいつだったかわからないほど
家の中ばかりの生活を送っているからだろう。

その点では 今日一日は 心身を動かすいい機会の一日だった。


スポンサーサイト



初ツバメ

無気力

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)