FC2ブログ

もう何年も通っている整形外科のリハビリ部門は 接骨院や他の整形外科と同じように
電気機器やローラーベッド 足の血管やリンパ管を空気圧で刺激して流れが良くなるよう
促す機器 服の上から体に当てて患部を温めるパッド 腰や首を引っ張る機器 などがあり
症状に応じてどの器械を使って治療するか 医師の指示を受けて治療してもらう。

そのほかには これが一番大切なのだが 療術師による患部のマッサージがある。

電気機器での治療は 担当の職員が 患者の痛む部位に器械を当てるだけで
後は 放っておいても器械が勝手にやってくれるが マッサージは違う。

人の手 で行うことは どんなことでも全て 人によって違う。
それは当たり前のことで 工芸品や手芸品などは その違いこそが大切だったりする。

ところが 療術 となると その「手の違い」が 問題になる。

何故かといえば はっきり言って 「手の違い」は マッサージの上手い下手に直結して いて
それは 良く効くか効かないか が すぐに分かってしまう という結果になる。

通っている医院のリハビリには マッサージ師が三人いる。
そのうちの一人が とても上手い。もう一人も 今春から 午前中は独立営業するように
なっているほどだから ソコソコ上手だ。
問題は 三人目の 若い療術師だ。

ただ 若くても 探究心や研究心があって その患者に合ったマッサージを考えたり
施したりするのなら 多少効き目がなくても まだ若いから 経験不足だから仕方がない と
患者の方も 寛大になれる。

ところが その若者は いつその人に当たっても こっちが 今日は痛みが強い やら
こんな症状が出ている やらと 訴えても いつもやることが同じなのだ。
それも 気のないような おざなりのやり方で。

この春に 一人の人が午前中いなくなってから 上手な人が その穴を埋めていて
今まで午後からの勤務だったのが 週のうちのほとんどが 午前中だけの勤務になってしまった。
午後 夫の帰宅を待って通院する私にとっては 全く不運な状況になってしまったのだ。

マッサージの順番が 午後から入る人に当たらない限り 下手な若者にやってもらうことに
なってしまう。
そんな日は 今日は外れ と 諦めてやってはもらうが その下手さ加減に 苛立って帰ってくる。


このところ夕方の患者の数が 減ってきているように見うけるのは 他の患者も
同じように思っているからではないか・・・
そう感じるのは 私の思いこみがそうさせているのだろうか。


いっそのこと 雇い主である医師に 正直に打ち明けようか とも思うが
でも その勇気がない。
医師が リハビリ患者の数が減ってきていることに 早く気づいて
何らかの方策をとってくれるのを 待っている私だ。

今日 久しぶりに 上手な人が夕方にもいて 施術してもらうことができた。
その時 ソッと聞くと 来週の火曜日まで ずっと午前中だけのシフトだそうだ。

医院まで一人で歩いては 私にはちょっと無理だ。

仕方がない 若者に当たらないように と 願いながら 通わざるをえない。

それとも いっそのこと リハビリ先を変えるか・・・
接骨院 という手もあるが そうすると 大学病院への通院の合間に痛みが増した時に
痛み止めの注射をしてもらえなくなってしまうし・・・。

ア〜〜ア!‼︎
スポンサーサイト



旅の会

和太鼓

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)